2017年07月13日

天理教教典・第十章 陽気ぐらし

第十章 陽気ぐらし

 たすけの道にいそしむ日々は、晴れやかな喜びに包まれ、湧き上る楽しさに満たされる。それは、常に、温かい親神の懐に抱かれ、人をたすけて我が身たすかる安らぎの中に身を置くからである。これが、陽気ぐらしの境地である。
 親神は、陽気ぐらしを見て、共に楽しみたいとの思わくから、人間を創められた。されば、その思召を実現するのが、人生の意義であり、人類究極の目的である。

  いつまでしん/\したとても
  やうきづくめであるほどに          五下り目 5

 明るく勇んだ心、それは陽気な心である。この陽気な心で日々を送るところに、真の幸福があり、生き甲斐がある。いか程長く道をたどつても、心が勇まずに、いずんでいては、親神の心にかなわぬ。親神の守護のままに、日々、喜びと楽しみの中に生活すのが、人の世のこの上ない味である。閉された心の窓を開き、遍き親神の光を身に受ける時、自ら暗い迷いの雲は晴れて、明るい喜びの中に立つ。陽気ぐらしとは楽しみづくめの生活である。
 陽気ぐらしは、他の人々と共に喜び、共に楽しむところに現れる。皆皆心勇めば、どんな理も見え、どんな花もさく。

皆んな勇ましてこそ、真の陽気という。めん/\楽しんで、後々の者苦しますようでは、ほんとの陽気とは言えん。 (明治三〇・一二・一一)
 人は、ややもすれば、我が身勝手の心から、共に和して行くことを忘れがちである。ここには、心澄みきる陽気ぐらしはなく、心を曇らす暗い歩みがあるばかりである。

勝手というものは、めん/\にとつてはよいものなれど、皆の中にとつては治まる理にならん。 (明治三三・一一・二〇)
 一つに心合せるのは、一つの道の理に心を合せることで、この理を忘れる時は、銘々勝手の心に流れてしまう。
 一手一つの心に、自由の守護が頂ける。いかに多くのものが相集つても、一手一つの理を欠くならば、親神に受け取つて頂けない。人皆、相互に一つの道の理に心を合せ、互立て合い扶け合うてこそ、陽気に勇んで生活して行ける。真の陽気ぐらしは、ここに全うされる。
心を合わせ頼もしい道を作りてくれ。あれでこそ真の道であると、世界に映さにゃならん。 (明治三五・九・六)
 親神にもたれ、教祖を慕い、教の理を省みつつ、互に心を合せ扶け合うて、陽気に生活すならば、ここに、たのもしい道が現れて、その喜びは世界にひろまつて行く。親神は、これを望ませられる。

  せかいぢうみな一れつハすみきりて
  よふきづくめにくらす事なら          七 109

  月日にもたしか心がいさむなら
  にんけんなるもみなをなし事          七 110

  このよふのせかいの心いさむなら
  月日にんけんをなじ事やで           七 111

 親神の守護を身に受けつつ、人々相扶け合うて、明るく浄く、勇んで生を楽しむ境涯に生きる。それは、親神の思召のまにまに、いそしむ日日であり、正しくきりなしぶしんである。そして、この明るい心に、自ら豊かな恵が与えられて、心は更に勇み立つ。子供の成人を待ちかねられる親神は、この陽気ぐらしを見て、共に喜び共に勇まれる。
 人々は、この親心にもたれつつ、世界中皆一れつは隔てない親神の子、兄弟姉妹という理を心に治めて、高きものも低きものも、遠きものも近きものも、相互に扶け合い、常にたゆまず、ひながたの道をたどり、陽気に勇んで、心のきりなしぶしんにいそしむならば、やがては、全人類の心も入れ替り、世は自と立て替つてくる。
 かくて、世界一れつの心が澄みきる時、たすけ一条の思召が成就して、親神の守護は余りなく垂れ、ここに、人の世は、未だかつてない至福を受ける。これぞ、楽しみづくめの世界、神人和楽の陽気づくめの世界であり、真正の平和世界である。
 思えば、人類社会は、久しく文化の進展を遂げながらも、徒らに迷いを重ね、行方も知らぬ闇路にさすらいつつ、今日にいたつた。それは、互に争を事とし、争を経ることによつて、己のよき生命を楽しめるものと、思いあやまつて来たからである。しかも他面、人は平けく安らかな生活をのみ求め望んで止まない。これは、限りない矛盾撞著である。この矛盾を解き、撞著を治めるのが、たすけ一条のこの道である。これこそ、人類に真の心の支えを与え、光ある行手を教える唯一の道である。
 世界は、平和を求めて止まない。しかし、真の平和世界は、ただ人間相互が争わぬだけで、全うされるものではない。よしや、それは争のない姿であつても、光溢れる平和の訪れではない。真の平和世界は、親神の理によつてのみ築かれる。この親神の道が、人々の胸に正しく治められ、すべてが、己が利欲を忘れ、温かい親神の守護の下、互扶けの真実の働きにつとめ合い、親神の待ち望まれる陽気づくめの世界になる時、この世ながらの限りない生気溢れる楽土が全うされる。

 惟うに、親神が、教祖を月日のやしろとして現れ出でられるや、人間の陽気ぐらしを見て、共に楽しもうとの、人間世界創造の思召を告げ、専らたすけ一条の道を宣べて、たすけづとめを教え、又、いき・てをどりのさづけによつて、一れつたすけを急き込まれた。このたすけの理を明かそうと、元の理を説き、所定の人と所と時の立て合いによつて、この教を始めた所以を諭し、ここに、親神を天理王命とたたえて、祈念することを教えられた。
 かくて、教祖が、教を宣べ、身を以てこれを証し、ひながたを示されたのも、親神の深い思わくによるものであつて、正に、教祖ひながたは、道の生命である。
 人は、先ず、身上や事情にてびきを頂き、親神を知る。そして更に、身上は、これ皆、親神のかしものなることを納得し、守護のあるところを悟り、ほこりを払い、心のふしんにつとめる。かくして進む成人の道すがらには、雨の日も風の日もある。しかも、その中に、日々たんのうの心を治め、又、ひのきしんに勇む。そして、治められた誠真実は、自ら他に及び、一人の道は多くの人々の道となる。即ち、道の子はよふぼくを志し、さづけの理を頂いて、たすけ一条にいそしみ、天の理を取り次ぎ、道の先達となる。ここに、不思議なたすけの実が次々とあらわれ、魂は続々と更生されて行く。
 かくて、我も人も共に和し、一手一つの心に、楽しみづくめの陽気ぐらしの世界が守護頂ける。それは、親神の望まれる真の平和世界であり、これぞ、この道の目標である。道の子は、存命のまま導かれる教祖に抱かれ、ひたすら、世界人類の平和と幸福を祈念しつつ、たすけの道に弥進む。



  このみちハどふゆう事にをもうかな
  このよをさめるしんぢつのみち         六  4


<blog内関連記事>
天理教勉強blog: 天理教用語解説「陽気ぐらし」 http://tenrikyo-benkyo-blog.seesaa.net/article/158615154.html
天理教勉強blog: 天理教用語「いさむ(勇む)」 http://tenrikyo-benkyo-blog.seesaa.net/article/135212649.html
天理教勉強blog: 明治三十年のおさしづ(公刊おさしづ第四巻より)その3 http://tenrikyo-benkyo-blog.seesaa.net/article/427936900.html
天理教勉強blog: 明治三十三年のおさしづ(公刊おさしづ第五巻より)その4 http://tenrikyo-benkyo-blog.seesaa.net/article/431027130.html
天理教勉強blog: 天理教用語「一手一つ」 http://tenrikyo-benkyo-blog.seesaa.net/article/137906566.html
天理教勉強blog: 明治三十五年のおさしづ(公刊おさしづ第六巻より) http://tenrikyo-benkyo-blog.seesaa.net/article/431108282.html
天理教勉強blog: おふでさき第七号。 http://tenrikyo-benkyo-blog.seesaa.net/article/388474788.html
天理教勉強blog: 天理教用語「きりなしふしん」 http://tenrikyo-benkyo-blog.seesaa.net/article/142735899.html
天理教勉強blog: 天理教用語「心の成人」 http://tenrikyo-benkyo-blog.seesaa.net/article/144084766.html
天理教勉強blog: 天理教用語「一列兄弟(いちれつきょうだい)」 http://tenrikyo-benkyo-blog.seesaa.net/article/136461139.html
天理教勉強blog: 天理教用語解説「ひながた」 http://tenrikyo-benkyo-blog.seesaa.net/article/154705256.html
天理教勉強blog: 天理教用語解説「たすけ一條」 http://tenrikyo-benkyo-blog.seesaa.net/article/148951704.html
天理教勉強blog: 天理教教典・第三章 元の理 http://tenrikyo-benkyo-blog.seesaa.net/article/449694525.html
天理教勉強blog: 天理教用語解説「この世元はじまりのお話」 http://tenrikyo-benkyo-blog.seesaa.net/article/144603145.html
天理教勉強blog: 天理教教典・第四章 天理王命 http://tenrikyo-benkyo-blog.seesaa.net/article/450660086.html
天理教勉強blog: 天理教用語「親神(おやがみ)」 http://tenrikyo-benkyo-blog.seesaa.net/article/140836152.html
天理教勉強blog: 天理教教典・第六章 てびき http://tenrikyo-benkyo-blog.seesaa.net/article/450774626.html
天理教勉強blog: 天理教用語解説「ほこり(埃)」 http://tenrikyo-benkyo-blog.seesaa.net/article/155676855.html
天理教勉強blog: 天理教用語解説「てびき」 http://tenrikyo-benkyo-blog.seesaa.net/article/151448330.html
天理教勉強blog: 天理教教典・第七章 かしもの・かりもの http://tenrikyo-benkyo-blog.seesaa.net/article/450836691.html
天理教勉強blog: 天理教用語「かしもの・かりもの」 http://tenrikyo-benkyo-blog.seesaa.net/article/141582154.html天理教勉強blog: 天理教用語解説「たんのう」 http://tenrikyo-benkyo-blog.seesaa.net/article/149513050.html
天理教勉強blog: 天理教用語解説「ひのきしん(日の寄進)」 http://tenrikyo-benkyo-blog.seesaa.net/article/154828392.html
天理教勉強blog: 天理教教典・第九章 よふぼく http://tenrikyo-benkyo-blog.seesaa.net/article/451746650.html
天理教勉強blog: 天理教用語解説「よふぼく(用木)」 http://tenrikyo-benkyo-blog.seesaa.net/article/159250629.html
天理教勉強blog: 天理教用語解説「取次(とりつぎ)」 http://tenrikyo-benkyo-blog.seesaa.net/article/152679390.html
天理教勉強blog: 天理教用語「教祖存命の理(おやさまぞんめいのり)」 http://tenrikyo-benkyo-blog.seesaa.net/article/141012869.html





人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 天理教へ
にほんブログ村
posted by 朱夏 at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 天理教教典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック