2015年12月11日

明治三十三年のおさしづ(公刊おさしづ第五巻より)その4

おさしづを読む前に、「おさしづを身近に」をご参照下さい。
天理教勉強blog: おさしづを身近に。

おさしづの順は、公刊おさしづに準じています。
但し、旧字は常用漢字に改めています。
また「割書き」部分は文頭を一段下げることで、おさしづ本文と区別しています。

教語、人名など、検索機能をご活用下さい。
天理教勉強blog内検索

誤字脱字等あれば、コメントにてご指摘下さいますよう、お願い致します。




明治三十三年十月七日
 古き人の霊祭式場を、大裏にて執行致し度く願
さあ/\尋ねる/\事情々々、まあ/\何か事情も尋ねる。尋ねるからは一寸間違わんさしづする。何か事情もよく聞き分けてくれ、聞き分けてくれ。聞き分けて心に治めてくれにゃならん。皆々前々さしづ、どういう事こういう事、知る知らん年限の内、年限の内経ち切った事は分かり兼ねる。そこで一寸始まって事情、古き事情、成らん処から一つ理。成る処誰でも成る。その時分少なかった。人に笑われる譏られる中、あちらへ忍びこちらへ忍び通り、そら年限古い。今若い事言うてはならん。花咲くまで、一寸種生えただけのようなもの。どういう実がのるやら分からせん。これから諭す。皆々心に治め。神にさしづ取らいでも、実際通りた者分かりある。こら数無い。これに膝と/\話し合い、互い/\の話出ける。皆んな互いに、これもどうやこれもどうやという理は、中を掴むようなもの。実際分からん。あちらでぼしょ/\、こちらでぼしょ/\、人の顔を見てする事は、心に悔やしみ歎く。とんと鮮やかならん。ほんにこれである、と治まった理は鮮やか。道に外の理混ぜてはならん。混ぜた理は、水に泥を入れたようなもの。濁りは飲む事出けん。神は隠し包みは無い。たゞ道という理から出けた。道に適わんどうしょうこうしょうは言い難くい。惣々中話聞き分けてくれ。未だ/\諭したいなれど、取りようでどうしょうこうしょう出け難くい。そこで、応法運んだる理は、許す許さんは言わん。未だ十日二十日先なら、どうこうと言うて取り替え、真実真の楽しみという、こうと言うて取り替え。真実真の楽しみという、何か、これよう聞き分けて、前々から席何処と許したる処、又こうというは、許さんとは言わん。そら委せ置く。そこで、人の顔を見て義理でした事は、折角しながら喜ぶ者もあれば、喜ばん者もある。水に塵混ぜたようなもの。飲ます事出けん。そこで、前々十分運んで、これで十分というは、盛大の道と諭し置こう。

 招待の参拝者に折詰酒渡す願
さあ/\まあ/\一人々々行こうまい。小さい事では行こうまい。そこで、どんな事も施すというは止めやせん/\。又施すは止めやせん。人の義理や顔を見てする事は、すっきり受け取れん。施すというは、受け取る/\。何思えども、おらこれだけ、あの人はこれだけ、という事は受け取れん。たゞ心よりこれだけというは、直ぐに受け取る。

 御神楽はいつもの所で勤めさして貰います願
さあ/\尋ねる処/\、それはまあ一つ委せ置く。言わいでも分かりたる。前々型がある/\。委せ置く。今諭した理は、うっかり思われん。いかな理も道という、理という、たゞ一条同じ理という道は、何人あれど、心あって心は一つ/\道理。一人限りというは、用いらにゃならん。用いらねば、聞いた/\にならん。これ用いらにゃならん。




明治三十三年十月七日
 喜多治郎吉身上のおさしづより一同談示の上、網島の方なり中津宇佐の三箇所の処申し上げて願
さあ/\尋ねる事情、前々事情も皆々いろ/\、中一つ/\幾重一つ/\一筆言うたる。扶け合い/\とどんな扶け合いも数ある中に、聞いたら直ぐに飛んで行って救けにゃならん処もある。又、利害を言うて治めにゃならん処もある。成ると成らんと見たらどういう事も分かり、中程中多くの中、道理言わず道理ある。その道理に心寄せにゃならん。放って置いてはならん。成るよう行くよう心運んでやらにゃならん。直ぐに飛んで行って、直ぐに道分けてやらにゃならん事も、利害を言うて分けてやらにゃならん事もある。心は幾重心、中に法が立たん。立たんという者も、一概ではならん。一所二所切り/\がある。一つ/\留まって万事働く。芯ある芯ある、芯に何かある。意見せにゃならん事もある。芯に間違いあるから、是非に是非通らにゃならん/\。よう聞き分け。何よの事もぼつ/\受け持ったら受け持っただけ、受けてやらにゃならん。受け持った理に、他からは掛かりようが無い。これだけ諭したら、どんな事も分かる。これよく聞き分けてくれ。




明治三十三年十月九日
 島ケ原部下山形県飽海郡松領町梅本惣吉四男留吉二十三才網島分教会長寺田半兵衞三女小近の養子貰い受ける願(永尾よしゑ仲人にて万田万吉より貰い受くる事)
さあ/\尋ねる事情/\、縁談事情一つ理を尋ねる。遠い近いはあるまい。幾何程道というは、どれだけ遠い所でも一名々々、心は一目なら何程あれど、うんと言うたらうん、理というたら理。これからそれ/\事情は皆々心、これでよい、これでよい、これでよい、と理は二つ理の中、これでよい/\と順序思うて、これでよいと言えば、何時なりと許す/\。

 閏八月二十八日に貰い受け度く願
さあ/\尋ねる事情/\、さあ皆心事情、さあ/\いつ/\なりと。さあ委せ置こう/\。さあ許し置こう/\。




明治三十三年十月十一日
 過日のおさしづにおさづけ戴きたる人々に、言い渡し致す処書下げと仰せ下されましたが、その日の御諭しの書下げのみの事でありますや、又以前仰せ下されました長き書取りも言い聞かします事でありますか、と押しての願
さあ/\一寸話し掛けたら、一寸分からん事ある。又談示して、これはどうやろうかこうやろうかと、理を立てる。それから尋ねる。尋ねるからはさしづ及ぶ。よう聞き分け。長い年限の間よう/\今日の日/\、日々席運んだは容易ならん道であった。これまで難渋々々、難渋は今日の日の楽しみ。楽しみでなくばならん。楽しみ中あちら一つこちら一つというは、彼是諭しては又々の理ある。何よこれからさしづ通り、さしづより違わん。さしづは容易ならん。遠い所遙々運ぶは、何のために運ぶか。よう聞き分け。道のため楽しみ、楽しみは一つあたゑ、順序当たりたら、一日の日一つ改めて、本席順序諭す処、いかな事これ諭さにゃならん。前々九度運ぶ。こら順序。すっきり諭す。それより一日という。そうした処へ長々話要らん。外の事用いって道理ほどくやない。神が直き/\の話に濁り混ぜるやない。濁り混ぜては遙々運んだこうのうあるか、理があるか。前々九度運ぶ順序に皆諭す。そうして一日席順序言い渡しは、書下げあろうが/\。一言二言やない。長く言葉がある。軽い事やない。神が直き/\添うたなれど、日々人が多なり/\日々支える。一日一席三人数えてみよ。長々順序日々諭せば一日の理が十日二十日渡した処が、渡する事出けん。そこで書下げ/\と言う。又日々順序よう書き下げて、日々の書下げは十分諭してくれ。十分九度済んだる。書下げだけの話諭してくれ。一日仮席に彼是話長う伝えたら、何聞いたやら、分からんようになる。初め味ようた味忘れて了う、と、前に伝えたる。又、前々席言葉下だして言葉添えたる。どれだけ諭す事出けん。そこで何年経っても、ほんになあと鮮やか忘れんよう書き取って渡す。又一日の理に三遍ずつ三三九度渡す。これから渡したる、これを、どんな者でも二度三度五度六度何度も返やして言うて聞かせば、どんな者でも治まる。治まりさえすれば、内へ戻りていつまで経っても廃らん。不自由難儀通りて席運んで、戻りしなに治める話に、四方々々の話以てすれば、肝心要止めて了うようなもの。そこで書下げより外の事は要らん。書下げだけそうしたら/\、どんな者でもそこえ/\理治めて帰る。ほんにそうや/\と、理が治まれば、一手一つと言う。根掘り/\は要らん。理を剥すようなもの、外の事すっきり要らん。

 押して長い方は二度三度読み聞かして、その日の御言葉の書取りだけ十分諭しましただけで宜しうござりますかと願
さあ/\それ/\読み渡し/\、一つ/\言葉聞いてすれば分かる。一日の理に九度の席のようにしてはならん。前々理混ぜて了てはならん。理が間違う/\。あちら持って添え、こちら持って添え、たゞ言葉でするようなもの。順序書下げ筆に止めたる/\。別席順序は長らえ道くだりの通り諭さにゃならん。後や先にはそら成る。なれど、早く前々諭したる理、皆筆に留めて諭せば迷い無い。理が治まらんから、あちらこちらへ変じる者ある。理が治まれば、言葉理で変じん。教祖始めた理よりすれば、迷いは一つも無いものなれど、あちらも取り混ぜこちらも取り混ぜ、世間のような事に成るからどうもならん。このさしづ容易ならんさしづ、軽きさしづやないで。このさしづは将来生涯さしづ、と諭し置こう。

 しばらくしてから、続いての御話
さあ/\もう一声々々、もう一声という、余儀無い事諭す。一人の事に諭す。一人の事とは、どういう事諭すなら、何人の中別席をする、人々事によってあれこれ聞いて、聞き応え無い事諭す。そこで、お前どういう事言うて居てはいかんこういう事言うてはいかん、というは理。理は一つに合わせ研究して、どういう事いかんこういう事いかんと、いかんだけ集めて、遠慮無しに諭すは理。なれど、遠慮するは神の道とは言わん。神の道は心を直す。道成程と理を悟って今日の日、人の心を直すは真実の道、言わずに居ては、何を信じて居るとも分からん。寄り合うてる中/\、言うて貰て聞かんと言うてはならん。聞かさずして聞いても聞かいでも、あの人はあんな癖や、あんな風やと言うは、鮮やかならん。道理十分、一人、理は何人あれど一つに諭すは、神の順序。これ早く取り締まりて。幾何人中、道理こう聞いたこう聞いたと、そも/\では、どちらやらこちらやら分からん。理は一つ。めん/\勝手は言わん。勝手々々は濁り/\。これだけ諭せば鮮やかなもの。




明治三十三年十月十四日
 本席御身上一昨日の午後四時頃より俄かに発熱し、本部員一同集会の上親神様へ御願を掛け、その願には御身上速やかお成り下され次第、御障りの事第一に御願い申し、さしづ通り運ばして貰いますと願、尚本局より電報の事情ありますから、この間御障りの事御願い申し上げますと願
さあ/\尋ねる事情/\、いかなる事も尋ねにゃなろまい。さあまあよう思うてみるがよい。どんな事でもこんな事でも、成る理と成らん理と、これ台としていかなる事情も諭さにゃならん。諭した処がとんとならん。十のものなら、どうぞこうぞ六つ七つの処まで真実という。又々さしづ、又刻限という間に、刻限というは、どうでもこうでも、刻限迫り切ったる事諭す。これ毎夜々々伝えたる。何よさしづにも、その場/\だけさしづは成程と思う。なれど、どうもならん。よう聞き分け。この道という、道は分かりてありて、又どういう理も分かりてありて、惣々で分からん。めん/\の事分からいで、真実真の理が分かりそうな事は無い。年限数えてみれば、十年二十年三十年である。だん/\中というは、今日の理世上一つ道理珍しがって珍しがって、思わず知らず、あちらこちら覗き来る。運び来る。国々道のため、苦労して通りたる運びたる、指を折り数えてみよ/\。よう聞き分けにゃならん。惣々中の理諭すれば、一つの心、一つの理に定めてくれ。心一つに治めてくれば、どんな刃どんな剣でも、恐ろしい怖わい事は無い、と前諭したる。善い事悪い事、笑うて了え。惣々惣々中結ぼれ切ったるを、よう/\ほどいて了たる処ある。ほどいて了て、真実ならと楽しんだ理ある。なれど、やっぱり惣々中の理集めて、思案せんならん。これ残念々々。残念から楽しみを薄くなって了ては、どうもなろまい/\。よう聞き分け。こんなさしづあったか、思案してみれば、中にあるのや。どうもならん。道の上はたゞ一つ誰に恐れるというは、誰あるか。さしづの理より心あろまい/\。めん/\も子等も、たゞ一つ道の理で遙々歩んで伝えたる。これもよう聞き分け。多く中に金銭で雇い入れたる者やあろまい。賢で雇い入れた者やあろまい。よう思案してみよ。三十年働いて渡世した者ある。これ何処から出たるか分からん。今どうしょうこうしょうと思うたて、出けんが道。これから聞き分け。心に持ってる事要らん。人間に遠慮する事は、神の道にならん。席々と言うて、日日出て来るは、皆連れて戻る連れて帰る。指数えてみよ。二十年以来から苦労した理から出て来る。道という、国々所々一つ心を以て道を運び来たる。遠く出て来る、帰って来る。世上皆心理から帰って来る。独り来るように思てはならん。よう聞き分け。席と言うて楽しんで来る。前々諭したる。もう今日か明日か、四日五日になる、もうかと。今日も無い明日も無い。指を数えてもう幾日になると待って居る。どうなりこうなりこのさしづ早くしてある。勝手の悪いもの取り消して無い。皆筆に留めたる。皆心一つに寄せてくれ。頼むとまで出てある。こりゃ何の事に出てある。まあよいわ/\ではならん。付け掛けた道は、どうでもこうでも付けにゃならん。なれど、道に小首傾け、思案せんならんような事では、どうもならん。頼り無いような事ではどうもならん。よう聞き分け。何も遠慮気兼は要らん。高い低いはありゃせん。道という、一つである。一つからの理なら、十人なら十人知ってるは道なれど、十人の中に三人くらい知ってるというは、神の道ではない。それでは神の道何処にあるか。よう聞き分け。せいでもよい事する。せいでもよい事に資を入れ入れ、二人三人の中で隠して置かにゃならんような事では、八方道か。どう伝えるか。よう聞き分け。何ぼ隠したて、隠されやせん。隠して世界八方伝える事出けん。世界から出けて来ん。神の道は反対無い。反対は中にある。よう聞き分け。これもいかなんだどれもいかなんだ、黙って居た、いかなんだ、すっきり取り締まって、又、皆々の中の理もある。どういう事も聞き分け。聞き分けが第一。何ぼ/\諭したやら分からん。よう聞き分けて、働かさにゃならん。さしづ用いらにゃ何もならん。さしづ用いって働かさにゃならん者、数何も要りゃせん。そこで話々というは、数重なり/\、どうでもこうでも及んで来たは今日の日。昼というものは勤めをさして、皆満足さし、話伝えて遠く所へ行って、ほんにと言う。こりゃ世上にあるか。この理一つから出たもの。何ぼ言うて聞かしたてならん。我が身仕舞ではならん。それでは灯火消えて、今一時点けようと言うたて行きやせん。暗闇と言う。聞き分け。今日のさしづは容易ならんさしづである程に。心に含んで言わんと居るは、真実はほんの上面だけ。今日の一つさしづ下だすは、憎うて下だすやない程に。可愛一条で下だすのやで。

 押して、東京本局より松村吉太郎へ、用向捨て置いて直ぐ上ぼれとの電報に付、このへんの願
さあ/\これしっかり聞け/\。一つの心/\、道理というは、先に諭すはいかな事、何処からどう言うこう言う、あれはよいこれはよい、世上に一つの理が出けたる。惣々ある。惣々の理も真実の理も世界にある。よう聞き分け。これまで通り来たる中聞き分け。よう思案してみよ。こうしてどうしてという中、成る日も成らん日もある。もう成らんというは、神が繋いだもの/\。それから道ほんによいなあという。小首を傾け。世上の中にはいろ/\、一つ心沸いたる。立てにゃならん、立てたらいかん。この一つの理はこれからになあ、惣々で皆々急いて/\ならん。話して置いたら、何年経って世上七分。若き者持って居ながら、そこまで何も分からん。言うまでなれど、かなり年取れたる者聞き分け。めん/\一代鮮やか見たら、道というは解釈次第々々々々。どんな事も何でも解釈々々誰する。一年二年前もうならんという処、まあそうではないと解釈したは、前かくれた者。働いてる者分からん。これから皆心に浮かばす程に。心に見せる程に。こんな事諭した事無い。扉開いて、これからという。扉を開いて働き切って居る。影姿分からん。ほんの時々、席に一つ理持たし、教祖存命の心やで。さあ/\成っても一つ成らいでも一つ、成らん/\の道、あちらへ隠れこちらへ隠れて通りた事思うて居りゃ、よい/\。思うて居りゃ、いつになっても/\消えそうな事はない。だん/\楽しみと伝えて置こう。




明治三十三年十月十六日 夜九時半
 本席身上俄かに胸なり腹背痛み、それより刻限のお話
ウヽヽヽヽヽヽ、ウン、さあ/\、静かに/\/\、さあ/\静かに/\。たゞただどうものう、どうも/\のう、何たる事ぞのう/\。さあ/\暫く/\の処々、口を借りて/\言うで。口を借りて言うで。とっと/\、とこぎり言うで/\。これと/\/\/\/\。
さあ/\口を借って/\、さあ入り込む/\。入り込んだで/\。さあ/\思わく尋ねりゃ、尋ね/\。何も尋ねる事あらせん。思う事あれば、尋ね。さあ尋ねる事無けりゃ、言うて聞かす/\。今晩のこの一つ、ならん/\ならん中から日々の処、どれだけ身に不自由あろうが、どれだけ切なみあろうが日々運び、道聞かしてあろ。道理何と思うてる、何と思うて来る。独り回る車のような道に思うてる。一寸悪んなったら、一寸水付ける水車のように思てるか。
さあ/\水車のように思て居てはならん。水を外したら止まるやろう。水さえ仕掛けたら回るやろ/\、一日二日なりと回るやろ。これ同じ事、道理ではなろまい。このやしきの始まり、何と思うてる。このやしき僅かのやしきだん/\あちらこちら育て上げ、増すばかり/\。取り難くい所から取らし/\、一寸やしきの形出け/\、それよりどんな者も楽しむ。楽しむやろ、世界不思議と思う。あちら広なり、こちら広なり、自由という。人間心で自由出けるか。よう思案してみよ。何も無い処から、二十年三十年六十年の道理聞き分け。広く成ったさかいに要り用無いやしきは広めんで。どうぞこうぞあちらこちら出け掛けたるやしきや。そこで、皆んなよう思案せにゃならん。尋ねりゃ尋ね、と言うたて、尋ねやせん。たゞ一人も何の答無いから諭し掛ける。よう聞き、くれ/\聞き分け。さあ、もう何ようの事も、どういう事も、皆神一条と言うて、毎々言うて聞かし、神一条の道なら神一条の心に成ったら。どうぞ成ろうと言うて、成らん。一寸龍頭摘もんで、網を打ったようなもの。龍頭の中の魚、逃がそうか取ろうか。やしきの中というは、澄んで/\澄み切らねばならん。このやしきは、一人力で出けた道やない、道やあろまい。艱難から組み上げたる道。よう聞き分け。それ/\見分けてくれにゃならん。たゞ車の水仕掛けたら、独り回る車のように思てはなろまい。そんなら、あちらこちら建て掛け建て替え、中へ入って居て、何の不足やろと思う。綺麗な所へ住居して、何不足無い。何不自由無いと思うやろ。心というもの、むさくろしい中に居るも同じ事やで。むさくろしい中に居るも同じ事やで。そのむさくろしい中に居る者、どういう事であろうと思うか。よう聞き分け。連れて戻りたその時は、何の構えも無い所へ連れて戻りた、連れて帰りた。どれからこれ、たゞ一つの道理、一つの理。人間一つの心見抜いて、楽しめ/\と言うて、よう/\の事で満足与えたは、大工である/\。大工が与えてくれた。
これ/\連れて戻りた。大工無かったら、満足無くして暮れて了わにゃならん。小さい/\入れ籠/\、小さい入れ籠。その時というものは、八方無い理を始めたんであるから、なか/\ようこの理を取ってくれにゃならん。神一条と言うたる/\。神一条でありゃこそ出けた。人間心で出けたんやない。神一条で出けたんなら、心分からにゃならん。人間心は知らんもの。神一条の者なら、誰も知って居る。年限の道理から治めて行って居る。人間心からあちらぶっ付け、こちらぶっ付け、そら神の道の住家と言えようまい。さあ/\いつの/\いつの話、こういう一つさしづあった、どういうさしづあった、一つ/\の理を諭してくれる者一人も無い。まあこれから話するによって、動き取れるか取れんか、後へ退かるか退かれんか。道理伝えて話すればよい。出来ねば、暫く人間思うようにするがよい。
なあ、善い事した者は言いよういゝもの。道理に適わん事したら、言われん/\。放って置いてはならん。知らん者へ身が悩んで、日々働き出けんようになったら、どうするか。吐き出さにゃならん、吹き出さにゃならん。何処から攻め掛けるぞ。さあ/\なあ、もうどういう話ある、こういう話/\ある。もう聞かさるやろと、待って居た分にゃどうもならんで。どういう道具悪くなって了たら、使うと言うても使わらせん。今日朝から勢良うして居たのに、又候どういうものやろ。又出来たそうな。今日一日どうやろ。もう明日から出けるそうなものと、皆楽しみ/\。姿が見えて、あらどういうものぞ/\。めん/\所で道具を拵え、名称を拵え、多く道理から、皆々部下々々、部下は一つ親と成って取り締まって居る。だん/\理によって、又、それ/\は多く中なら、人々所々出して運んで居る。又、あちらから何人、こちらから何人、百人二百人連れて戻る、連れて帰る。皆んなあちらへ諭しに歩き、こちらへ諭しに歩き、部下から成らん中楽しんで、親順序聞いて増して来るは、人間勝手々々こらならん。もう行く所あろか。思案してみよ。親分教会何ぼあるぞ/\。支教会出張所、一つ派出所という。親という。親兄という、何時でも仕掛けたる。どん/\仕掛けたら、前々諭してある。車の如く、日々働いて居れば、やれ/\国々戻る/\。やれ行てこうか、参ってこうかと、追々人間が増すばかり、機械外したら、回らんとなったらどうするか。神の残念出ては回らせん/\。残念は容易で出やせん。なれど、自業自得ならどうもなろまい。一日休んだくらい何処へも知らせん。今日の処明日になるだけなれど、だん/\続けば、今日か明日かと幾日待つ。五日待つ十日待つ。この理はどうなるか。なってからどうもならん。ならん先から修復さえして積み立てば、なか/\、長らく連れて通らにゃならん、通さにゃなろまい。未だ/\二年三年、五年十年連れて通らにゃならん。半ばである。水切っては中弛み来る。中弛みしてはどういうもの。何でもあの心一つ、めん/\神を怨みて、世上にある。中弛みというは、世上の仇に肥をするようなもの。これだけ話して置けば、ほんにそうである/\。人はどうでも、めん/\一人なりと、神一条の道より無いと治めてくれば、神一条の理ある。皆手を打って勇んでくれるがよい/\。おらもうよいもうよいと言うは、手打ってくれるに及ばん。よう聞き分け。これまでさしづ/\ばかり聞いて、さしづ守らにゃならん。守らにゃ神を騙したようなもの。良い事は取って、後腐らしてほかして了たも同じ事。存命教祖の道、あれも変えにゃならんこれも変えにゃならん、というは、神の残念々々。よく聞き分け。残念やわい/\。
さあ/\これもどれもいかんと言うなら、隠して了え。出しさえせにゃ、せんで治まったる。たゞ聞いていかんと言うは、待って置くが理/\。やって置けば同じ事。やって行けば、改まった心、何処が治まるか。
なあ、これ/\よう聞き分け。月次祭々々々と言うて、皆楽しんで来る。楽しんで参る/\と言うて、所々月次祭楽しんで来るは、道の土台である/\。何邪魔になる。邪魔になれば、道伏せ替え出けやせん/\。道変わりて了う。変わった事、世上にやり掛けた事行きゃせん。この道人間心で色品変えてやってみようと思たとて、そりゃ行きゃせん。どちらやらこちらやら、掛かりというは、どちらからも、人間分からん処から出るはどうもならん。なれど、日柄経ったら枯れて了う。草葉の中見れば、いつになっても変わらん/\。心そも/\あって、こうせにゃいかんどうせにゃいかんというは、遂に中弛みがあってならん。中弛みあってから、どうもならん。よく土台を固めてくれ。台の元から始まり、元から数々出けた。元はたゞこれ一つ、この一つ理あちらへ捻りこちらへ捻り、あちらへやり替えこちらへやり替え、やったて行きゃせん。行く道理無い。一つの元に幾つもある道理無い。ある筈が無い。さあ/\間違い/\、取り違いは取り違い、皆同じ道理なら、神の理一つより無い。一つの道理なら、一つ何時なりと皆思うよう自由々々与える。聞いて聞かずに居るも同じ事や。さあ/\もうこれだけ話、容易ならん話/\、容易ならん話なら、容易ならん心定めてくれ。さあ/\もう最前からだん/\伝えた/\。もう話々の角目というものは、言うまで。初め土台から始めて、皆、子供連れて帰る処まで話して、これより話の仕様があらせん。心合わなんだら、そら車の水を外すようなもの。水を外したら車回らせん。こゝまで話して置くによって、皆々定めてくれ。




明治三十三年十月十八日
 高井つね身上願
さあ/\尋ねる事情/\、身上が一時迫る/\。どういう事であろう思う処尋ねる。何よ皆合図という、立て合いという、いかなる事情、皆々の一つの事情、めん/\身の障り、いかな事と思う。どういう事惣々あれば、道というは一つの理である/\。この道は皆惣々惣々によって、日々惣々心、この中これだけ、一寸道諭し置こう。今夜という今夜、立て合う事情ある/\。立て合う事土台という。何よ話する事出けん事情、これだけ話すれば、身上一寸治まる。合図立て合いと言うは、そこがどうともこうとも分かろまい。合図立て合いとも言う。一つ道理諭す。そこで治まったら、皆々惣々から尋ねに出るがよい/\。これだけ諭す。




明治三十三年十月二十日
 一昨夜高井つね身上のおさしづより、本部員一同打ち揃うて願
さあ/\尋ねる/\/\。さあ/\どうでもこうでも尋ねにゃならん。どういうものから、尋ねる事拵えたるとも分からん。幾度尋ねる。尋ねだけではならん/\。尋ねたらどうとこうとさしづ通り守りてくれ。日々十分治まりて居る。あれこれあれこれではならん/\。こうして何名何人、日々入り替わりはするけれど、詰員という、又、役員という、この役付けたら動かんか。役皆その場へ立ち並ぶは理。心で聞き分けて、どうでもこうでも尽し働かさにゃならん。又、どんな事でも心の寄りは固まりという。さあ/\心寄らねば日々の処、守護も仕難くうてならん。そこで、どんな事もしてみにゃならん。どんな事も諭してみにゃならん。出けんからどんな事もならん。なれど、この道というは、よう聞き分けくれにゃならん。何処から出来たか。どれだけどうこれだけこう、たゞ一つ理遠く所によらず、一つ理から出来た。そこでどんな者掛かったてこんな者掛かったて、理に外せば、もの纏まる事出けん。そこで、よう聞き分け。これから一つ何よの事も、何人あれど一人も残らず、又中に不参ある。不参あれど、後から話すれば同じ事、皆惣々中に映す。一人も残らず、それより決議を取りて、どうして貰いたいこうして貰いたい、と言えば、神が守護働きする。心そも/\では働かりゃせん。たといどういう事すれど、皆道具というもの揃わにゃならん。道具揃わにゃ日が遅れる。あちらへ借りに行けば無い、こちらへ借りに行けば使うてる。そちらへ行けば損じたる。道具揃わにゃ出けんは理。難しい事言わん。仮名な事諭し置く。皆心治まり第一。入り混ぜた話、皆端々遠く所、部下名称まで、どういう事やこういう事やと決まり難くい諭し難くい。又一つには、これではならんという処から諭す。心一つに治まりて来たら、順序は盛んという。心一つばら/\になって了うては、盛んに出けん。心集まりて、ほんにそうや/\と、道理こうして貰いたい、どうして欲しいと言えば、沢山の物与えるも同じ事。なれど、どうもならん。中にそも/\ではならん。又、世上へ出しては道の錆と言う。元に錆ありては、先磨きそうな事は無い。皆これから真実纏まり、真実より取る処無い。誰がどうする、彼がこうする、神がする。よう聞き分け。皆々治まり以て掛かれば、十分どんな働きもする。十のものなら、五つ六つでは働く事出けん。さあ、今日しょう明日しょうと言うた処が、出けん。この道理しっかり皆々心に治めてくれ。掛かりは容易で出来ん。隅から隅まで、纏まりてないから出けん。さあ雨が降る風が吹く。何したんというような事、それ無いとも言われん。理聞き分け。さあ/\これから/\、しっかり/\聞け。うっかり聞いて居てはならんで。
さあ/\何よの事/\、どうもならん。錆て了うてから出けん。一寸に磨く事出けん。十分々々事ならんからならん。何事もしっかり/\、十分なら十分治まる。よう働かさにゃならん。働けば自由自在。この話早く伝えたい。なれど、そも/\ではならん。そも/\の中では聞かされん。今日の諭やない。前々から何かの事諭し置いたる。どうもならん。それでは世界映し兼ねる。ウゝゝゝゝゝゝ。

 東京の事件(独立事件)申し上げ、尚この事分支教会長には以前出願せし事承知あるから知らしたものでありますや如何のものでありますやと願
さあ/\なあ、さあ/\道理以て理を集めて、皆々心皆々心どれがよかろと言う。皆一つなら自由。尋ねる処こゝはこう先は先、これはどうとも言わん。何も構う事無い。年限は未だ/\年限は掛かる。そんな小さい事望んではならん。時という時という、時という日が来る。日が来たら、西も東も、北も南も一遍や。よう聞き分け。苦しみは楽しみと思うて、一つ理集めるという。苦しみは先の楽しみ。さあさあもう何よ何人中でも、一つ理も心というもの聞き分け。一人でも何でも成程という。さしづというは中々理ある/\。どうもならん。どうでもこうでも一つこのぢばへと言うて、引き寄せた、この理忘れんよう/\。何用するも忘れんよう、何用するも尋ねるがよい。さしづは間違わん。間違うたさしづはせん。なれど、取りよう聞きよう言いようで、どうなりと出来る。あゝいう理でもならん。どちらこちらやら分からん、それではならん。今日のさしづは、将来の心に治めくれて居たもの。どうしょうこうしょうと思うた処が、仕方が無い。そら陰から皆働いてる/\。

 松村吉太郎明日から東京へ出立さして貰いますと願(以前出願しある独立願書訂正の廉を以て一先ず願い下げするためなり)
さあ/\書き付けを取りてよかろうというは、一つ心、一つの心得。さあ/\まああら/\道理諭したる。これからという/\、心得てくれ。何人知ってる者あって、中に知らん者あってはならん。だん/\これまでどうもならん道、三四年溜めて来たる処聞き分け。それ見よ俺が、と言うた処が、光持ってるか持って居んか。いかな者も成程と止まる。時々さしづ、又刻限という。さしづ腐りたる/\と言う。言うた者腐りたる処、見てみよ/\。いつ/\まで一つ諭するか。諭は何処からも諭しゃせんで。
さあ/\これだけ話伝えて置く/\。しっかり胸に治めて、心得てくれ/\。これもどれも書いて/\、それも分からんどくにしてるによって用いられん。用いらんもの、すっきり根腐りてある。彼是の中には抜いたる者ある/\。なれど、心では唱えて居る。心替え事して、行きそうな事は無い。幾度の道理適いそうな事は無い。神の道、人間で手伝う。神の道、人間で出来やせん。これをよう聞いて置け。




明治三十三年十月二十一日
 深谷徳次郎小人景三四才身上事情に付願
さあ/\尋ねる事情/\、どうも小人事情心得ん/\、事情やなあ、いかな事であろ思うから、尋ねる。どうも細く声どういう事であろうと思う。何よの事もひっそり/\あれは分かり、ざわ/\では分かろまい。何よひいそりこれまで順序諭したる。今の処何か大層大儀の際、何かの処、この一つ理まあ先々の処出すに出せん。言うに言えん。そこで細いと言う。半ばで構わん。立ち並んで前々諭した。楽しました。一時にどうと出けん。なれど、続いて切れんよう、続いて行くよう治めにゃならん。急えて行くものやない。なれど、急かずに居ては同じ事。いかな事も、ひいそ/\にすれば、やれ/\と言う。身上案じる事要らん/\。心の理が治まったら、自由と言う。

 押して前々おさしづ上より、運び方部内三箇所の事申し上げ願
さあ/\何よ尋ねる。尋ねにゃならん。何よ胸に持って居てはならん。尋ねたら順序諭したる。半ばというは、どちらから取り掛かろやろ。地所という理の治まったるというは、おのずと一つ聞かした理から、万事治まったる。何よ楽しみ無しに、何働けようか。働く者あるか。皆楽しみやなあという処から集まって、一時にどうしょうこうしょう出けんなれど、精神湧いて来る。これだけ聞いたら分かるやろ。事情治まったる処聞き分け。楽しみ/\、楽しみの話さにゃ何よ働く事出けん。よう聞き分け。万事楽しまして、これ何よ治まる。一時にどうせえこうせえと言うた処が行くものやない。よう聞き分け。中に楽しみ/\から働く。働くから成り立つ。皆義理や役で働けば、皆、後の理が無い。これだけ諭し置こう。




明治三十三年十月二十五日
 諸井国三郎分教会へ行く事の願
さあ/\尋ねる事情/\、さあ何よの事も事情理に一つと言うやろう。尋ねる理はそれ/\古いだん/\あろう、古い心あろう。何かの事も心置き無う、心置き無う行くがよい。さあ許そ/\。




明治三十三年十月二十六日
 高井つね四十一才身上願
さあ/\/\尋ねる処/\、身上堪えられん事情/\、さあいかなる事とこれ思う。さあ/\内々遠い所へ出越して居る中に掛かりたる。ようこれ談じる。日々談じる台があろうまい。定めるにも/\定める台があろうまい。何よの事立て合いには、いかな事どういう事立て合いによいという事そりゃ無い。立て合い程辛い事あろうまい。内々一時身上に障る。なれど、遠い所内々事情あろうまい。立て合いと言うたら、一軒一人の事情やないで。一軒一人の事情と取りて聞き流しはしようまい。聞き流しなろうまい。さあ/\皆こうして寄り合うて居る中に、たゞ一つの理から理で集まったやろう。何でも彼でも扶け合い/\が台である。又扶け合いして居るであろう。よう聞き分けにゃならんで。放って置く者は無い。なれど、真から扶け合いが有るか無いか。これ何よの事も長うなれば、それどういう処こういう処、よう聞き分け。万事事情、これ諭し置く。さあ/\めん/\一つの理。誰がこう彼がどう事情、さあこれまでに何度の事情に伝えてある。長ごなる/\、日を延ばす/\。皆通り来たる。又これなら大丈夫々々々、重荷を人に持たせぬよう、重荷めん/\持って扶け合い。この理聞き流しはならん。さあ/\道が大きく成る、広く成る。理が鮮やか。これ一つ皆談じ合うて内々に遠く所出越して居る中に身上悩む。これこういうさしづがあったと、めん/\惣々の理に諭し置こう。一軒一人の事情やない。皆それ/\万事事情に諭し置く。重荷を人に持たすやない。重荷という、重荷は、めん/\が持ってするは、これ神の望みである。めん/\こりゃどう、そりゃこう身上々々の処、一時なろうまい。めん/\別々の理、遠い所へどうしたらよかろうと、それは一時じっとして置くがよかろう。さあ/\身上堪えられんから尋ね、尋ねたらこういうさしづがあったと、皆の中へ談じ合い、夫婦の中に出越す時、好き顔を見て出たのにと、さあ/\成っても成らいでも夫婦というものは、神という理より頼りが無いという処の理を定めにゃならん。これ一時めん/\堪えられんやない。治まる/\。さあ/\皆々聞いて聞き流しは、さしづまでのものやと、一寸言うて置くで。

 押して、重荷という処願
さあ/\もうなあ尋ね返やさにゃ分かりゃせん/\。重荷というは、我が重荷を持って働く。重荷を人に持たさすは、さするまで。月が経てばとんと分からん/\。そこで、心というもの皆改めて、救けにゃならん/\。めん/\が救けて貰うた理によって、救けにゃならん。これ鮮やかなもの。さあ/\すっとする/\。どういう事こういう事、身上鮮やかならにゃ、尋ね返やせ。めん/\世上の理諭しするも同じ事。救ける心あれば、救かる理は無くばならん。どう言うも同じ事。




明治三十三年十月二十七日
 撫養部内名東支教会正木国蔵辞職に付、柏原源次郎を後任に願
さあ/\/\尋ねる事情/\、尋ねる事情は前々事情一つ、又一時事情を以てこうという事情尋ねる。尋ねるには皆それ/\の心、さあ十分々々運んで一つ事情、これで治まると言うであろう。又一つこれから改めてこうという精神の理に許そ/\。

 名東支教会大祭日に一同へ柏原源次郎後任披露致し度く願
さあ/\尋ねる事情/\、事情は願通り/\許そ/\。さあ許し置こう/\。

 正木国蔵分教会詰員に御許し願
さあ/\尋ねる事情/\、皆それ/\心という、事情は心の理に委そう/\。




明治三十三年十月二十七日
 畑林やす身上願
さあ/\尋ねる処/\、遠い事情であろう/\。早速尋ねる事情というものは、一時伝え一つ以て毎夜々々のさしづ、理の諭しする。理の処、だん/\一度ならず二度という。事情これ余程大層の理。又一時事情今一時ではなろうまい。そこで何よの処詳しくこゝ一時まあ、一寸あら/\の理を早く理伝え。これまで長い間、あれこれの長い間の理、一つ治まり、二つ治まり、やれ/\一つの理、中に事情の理掛かる。どうであろ、こうであろう、成って成る成らん一つの理より、身上治まるという事はなあ、十分の理/\。心を治めて、成っても成らいでも、さあ一つの心治めてくれ。さあ何でも彼でも中に、どうせにゃならんと身上の迫る処、一つこれよう聞き分けてくれ。




明治三十三年十月三十一日 午前二時
 刻限御話
思わく違うで/\。しっかり聞け。しっかり踏ん張れ/\。さあ/\今夜の話/\というものは、だん/\遅れ、何よ/\どうでもこうでも話伝える。話伝えても、心というものは退くにも退かれん。道というものは、どうでもこうでも。道に関があっては通られん。橋があっても橋が腐りて居りゃ通れるか。そりゃ一人や二人は通られぬ事はないけれども、向こうは危ない/\。道は半ばであれば、分かり兼ねる。分かり兼ねるがもっともである。なれども、刻限という理から諭して基づかねばいかん。道の上に第一差し支えるという理分からにゃならん。どうしょうこうしょう聞き分け。刻限話又ふでさきにも知らしたる。又時々身の障り/\、皆々道理に諭したる。勝手の良い者用い易い。勝手の悪い者用い難くい。あっちやろうか、こっちやろうか、雨が降る風が吹いたらどうするか。どんな者掛かりてもこんな者掛かりても、何よ神一条と大きな話に止めて置く。世上に見込んだ中に選り出して置きゃ、どんな者も寄り来る/\。何ぼ言うても諭しても聞き容れにゃ、道がびっしゃりと消えて了う/\。さあ/\一日二日十日、もうやろうか/\、三十日五十日経ったら、その道というものどうなるか。前々建家の話、前に詳しく説いてある/\。刻限分かりてある/\。どういう建家、明日日から藁入れ/\、材木入れ/\。そうすれば明日日からどんな事でも諭す。その事分からねば幾日経つとも分からんで。道理に適わん事して、どうして行くか。どん/\定め。明日日から床をめくり材木抛り込め。建家の事知って居るか。だん/\やい/\、すっきり説いて置く。あちらこちら出越して居る者、そこえ/\話し勤め、急には帰る事要らん。けれども、こういう事あったと、得心の理が早く諭すがよい/\。この道始め家の毀ち初めや。やれ目出度い/\と言うて、酒肴を出して内に祝うた事を思てみよ。変わりた話や/\。さあ/\そういう処から、今日まで始め来た/\。世界では長者でも今日から不自由の日もある。何でもない処から大きい成る日がある。家の毀ち初めから、今日の日に成ったる程と、聞き分けてくれにゃなろまい。

 しばらくして
さあ/\又々一声々々、さあ/\だん/\話し掛ける。固め/\にゃならんで。あちら向いてる者も、こちら向いてる者も、道という道理、精神結ばにゃならん。あちらが錆付く。捨てゝ置けん/\。心という理添わんとは、肝心道理適うか/\。適わぬさかいの理を諭す。第一々々、第一の中にも、第一の理を楽しんで通るなら、一言の言葉、万言の理に添う。一致一つの理で添う。ほんにそうか、世界へ響くという。さあ言え/\。皆々聞き分けてくれにゃならん。国々名称の理を下ろしてある。教会々々、一名称々々々、芯という者あろ。よう聞き分け。その者から心分かりてくれ。その者から一時に攻められたら、とても/\、踏み止められはせんで。さあ/\皆勇んで掛かれ。勇む事に悪い事は無いで。あちらこちら神が駈け廻り、修理肥を撒いたるようなもの。これは容易でなかった。これからは取り込み一条、今ぢばに何人居るか。世界の中からは僅かやろ。これ、楽しますのと、怒らすのと、どうなるか。これだけ諭したら分かる。これをどうやこうや言う者は、道の者やありゃせん。道理に適わん事したら、どうでもこうでも行きやせん。さあ/\/\何でも彼でも、早く/\救けにゃなろまい/\。




明治三十三年十一月二日
 土佐敬誠身上願
さあ/\だん/\事情以て尋ねる事情の理、幾重さしづ事情は、二度三度尋ね事情、一つの理に親々心という。いかな事情忘れられん。前々に留まる。皆々それ/\部下という、何程遠く遙々真実心運ぶ。成るという、成らんという。成っても成らいでもという。前々諭しある。めん/\心に治めてくれるよう。いかな事で、こんな事であろ。この道という、心一つで出ける。皆心一つが元という。容易な事で出来たものでない。中にどういうものであると思わず、為す一つの理を心治めてくれ。道という処は艱難苦労、こうのうの道理、しっかり受け取る。心、何故なる思わんよう。めん/\子を持って一つの道理を見よ。皆親子供憎い可愛、隔てあるか。成るという成らんという、この一つの理聞き分け。いつ/\までもいんねん無いよう。幾度経っても、万事理いつ/\までの心を治めくれるよう。

 押して願
さあ/\尋ね返やす一つの理、これまで伝え、成らん事無理と言う。この理諭してある。一時こう心に治めくれにゃならん。こうせどうせという、無理という、この理聞き分けにゃならん。多くの中、聞き損いあってもどうもならんという。




明治三十三年十一月三日(陰暦九月十二日)
 喜多治郎吉九州へ、板倉槌三郎東国へ青年桝井安松、春野喜市を連れて派出願(秋季大祭まで)
さあ/\尋ねる事情/\、さあ/\所々皆それ/\にだん/\の道というものある。一つ道という。さあ/\敢て変わりた理も無い。何も言う事無い、何も思う事無い。たゞこの道というものは、心を以て先々説いて/\鮮やか諭してくれ。これはこれ澄んで/\澄み切らねば、遠い所には心というものいろ/\に沸いて、どうもならん。一つの道理にさえ事情持ち運び、一つ理を治めさす。何よの事も道というものは外に無い。たゞ一つである、と諭し置く。又先々の処、道の元という/\、何でも彼でも天然の道である。天然という、天然の心を持って。これを一つ諭して置こう。伝えてくれるよう。出越す所こうという所あるなら、何時なりと許そ/\。

 明日からと言うて願
こうと思う所あれば、何時なりと許そ/\。




明治三十三年十一月五日(陰暦九月十四日)
 十二下り神楽歌本の是までの分、文字の違いを訂正の上再版致し度く御許しの願
さあ/\尋ねる処/\、さあ理というもの、変えようにも変えられはせん。理を変えて道があるか。理を変えて居るもの世上にまゝある。この道聞き分け。文字抜き差し、上が下に、下を上に、言葉の理に変わり無ければ幾重の理もあろう。一文字でも理が変わりたら。堅く/\言うて置く。とても/\理を変わりては道に錆を拵えるも同じ事。一つの道具、そこに使う道具無かったら、皆んな揃うて居ても見て居にゃならん。どうでも一つの理を欠く事出来ん。つとめに手を抜いたる処あれば、心に唱えたら同じ事。すっきりと人間心で、こらどうそらどう、理を抜いたら、これは半文字もいかんで。

 押して、再版の事願
さあ/\理の変わる事すっきりならん。理が変わらにゃ、上が下になるやら、下が上になるだけ。理が変わらんよう。

 十二下り解釈講社一般へ出す事の願
さあ/\尋ねる処/\、今一時どうとは言えん。何よの事もじっとして居るがよい。今世界からどうやろうかこうやろうか、一つの気が立ったる。そこで理というものは、読みようで変わる。一時暫くこのまゝで行くがよい。世の中時々の道理変わる。世上の悪気、心変わる/\。変われば世界撫で廻しても、何処も優しきものやで。




明治三十三年十一月五日(陰暦九月十四日)
 大裏へ三間四間建家仕事場のように建てるのを、一個人の住家建てに致しましたのは、一同の相違なる事を、親神様に謝罪申し上げ、改めて将来人の住家とは致しませんから、本部別席或は応接所にさして下さるよう御許し願、並びに中西牛郎は学校専務として御許し願
さあ/\尋ねる処/\、尋ねる事情待ち兼ねて居る/\。いつか前々刻限を以て順序諭したる処、中にどうそれ/\中一つという。大きに取り間違いをして居る。取り違い無いよう、どんな者でもこんな者でも尋ねて立ち寄る。聞いて出て来る。今内に何人居る者も、一時に寄りた者やない。年限の中より寄り合うた中であろう。何人寄れども、あちらこちら寄り合うは皆連れ戻りたるのや。この道理を聞き分けにゃならん。道理の道すがらの理も聞き分け。刻限道理前々諭したる道理、事情さしづに濁りを差すという理、これ聞き分け。これよく分かりたならば、何よのものも、さしづに凭れて行けば、物を組んで行くようなもの。皆苦労さして居る。これ聞き分け。紋型無い処から、組み立てたる。十分草屋敷にして了うたる。ほんに残し置かれたる席、人間心で出すとは更に思うなよ/\。それを間違えたら、何処からなっと間違えは出る。皆心を合わせば、どんな刃の中でも連れて通る/\。
この道はどんな者でも、人間心で動かせるか。動かせはせん。神の道やで/\。年限の道からこうのうの理である。天然というものは、一寸には出来たものやない。一時以て尋ねる処、何よの事もならんとは言わん。あった事情順序の理に用いってやる/\。

 押して、中西学校教師に御許しの願
さあ/\道が幾筋もある。道すがら年限というもの心見よ。さあ/\今設けたる。世界の道理理からぼつ/\ならんとは言わん/\。どんな所からでも出て来る、聞いて出て来る。年限の中真実の理、これだけ諭したら、皆聞き分けるであろう。




明治三十三年十一月五日
 土佐卯之助家族将来三島に居住の願
さあ/\尋ねる事情/\、尋ねにゃ、事情これ分かろまい。皆んな家内という事情、許す許さん、許さんは無い。待ってるで。さあ/\許そ/\/\。




明治三十三年十一月七日
 河原町分教会事情願
さあ/\尋ねる事情/\、さあいかな事情も尋ねる。尋ねるであろ。まあぼつ/\、一時いかんと諭してある。追々年限何処も曇り無し。一つ/\理という、頼もしい。皆々理が、何処までもろくと治まる。これだけ諭し置こう。

 河原町分教会二箇所支教会どれから先したらよかろうか押して願
さあ/\どちらとも言わん。どちらどうこうしよう、皆談じ皆談じ合い、頼もしいという理が理が歳々事情、どうでも理が遅なる。後も先も言わん。言うたら仕難くい。これで惣々中の理、道理明らかにして治まるであろう。




明治三十三年十一月十六日
 上原佐助小人出物の障りに付願
さあ/\尋ねる事情/\、事情から一つ理を尋ねる。さあ/\皆んな子供という。子供に一つ事情、身の処いかなる事も、そら思わにゃならん。尋ねるから明らか諭そう。もう道というは、小さい時から心写さにゃならん。そこえ/\年取れてからどうもならん。世上へ心写し世上からどう渡りたら、この道付き難くい。何程の処どれだけこれだけと思う。年重ねた運んだら何処から何処までと思う。そら取りようでころりと違う。子供から道に赴かせば順序分かる処から、惣々まで諭そう。深き処要らん。深い事あれば、どうしてこうしてと違うてならん。小さい時から心赴かして、これはどんな事も出け。元ありて元、道があって楽しみ。身に障り無くば十分楽しむ。障り/\、心から障りと言う。よう聞き分け。身上案じる事要らん。いつ/\まで所にこうして居られん。元へ立ち越して帰らにゃならんと、子供まで赴かし、そら、所は退き難くいなれど、心から定まれば、定まる。これだけ諭したら、何も彼も籠もりある程に。よく聞き分けるよう。




明治三十三年十一月十九日(陰暦九月二十八日)
 桝井政治郎網島分教会へ布教出張の願
さあ/\尋ねる事情/\、尋ねる事情は、一時事情は、何時なりと許すなれど、さあ/\一寸は大層、あんな者/\放って置け/\というようなもの。頼り無いような者、放っては置けんで。なか/\の理、皆々成る時の世話はめん/\誰でもする。良き処の事なら用が無うてもしょう/\。廻り道をしても行くやろ。めん/\の事情にとって、めん/\思案して、成る時の世話はしようよいもの、誰にてもする。どうもならん時の世話は仕難くいもの。理は一寸運び難ない。又替わり/\運んでやれ。又一所やないで/\。皆それ/\立派な花を咲かそうというようなもの。どうでも立派な花が咲く日があるで。




明治三十三年十一月二十日 朝
 本席へ御運び下さる事を前日詰所当直より御伺い下されし時に、その申し上げ下されし事を御思召に適わざるか御立腹にて、続きて側より御詫び申し上げ下されし処へ御話あり(前日当直運びに付、高井猶吉、松田音次郎、宮森与三郎の三人)
さあ/\まあ予ねて/\話をして居る/\。話をして居るが、聞いた時はほんにと言うて居る。なれど、聞いた事つい日柄経てば勝手という理運ぶ。勝手運べば、つい/\の日が出る/\。日が出るからどうもならん。勝手というものは、めん/\にとってはよいものなれど、皆の中にとっては治まる理にならん。治まる理ある。朝機嫌ようして居るになあと出る。たゞその場越せるなれど、心失うて、神の道は働かせんようになったら、どうもならん/\。勝手々々の話はあちら濁り、こちら濁り、濁り水流したら、どうもならん。立てよ/\どう言うたてならん。鏡やしきに、あちら捜し、もちら捜し、澄んだ水を搜さにゃならんような事では、どうもならん。日柄十分経ったるけれど、澄んだ同じ水に成らんから日が遅れる。さしづするその時は、ほんにそうやと言うなれど、つい/\勝手だけ。勝手出せば、あちら濁りこちら濁りすれば、どうなる。これ聞き分け。何よ五本の指の如く/\すれば、澄んだ水と言う。中に澄んだ水が神の道に外は無い。外の濁りは世界と言う。中の濁り中から洗わにゃならん。神の道皆心得。今朝の三席後一席勤めさす。さあ三席さづけ渡す。後一席は、後に運ばす。




明治三十三年十一月二十二日
 安堵の飯田岩治郎の事情に付、九州地方へ桝井政治郎派出する事願
さあ/\尋ねる事情/\、どうも一時変わりた事情である。この道というは成程という道の理、道の心たとえ変わりたといえど、道の理変わらにゃ順序、どういうならん処でも通れんではない。これ皆々に何度も諭したる。毎々刻限にも諭してある諭してある。よう聞き分け。どれだけの者これだけの者寄った処が、一つ心というは、第一道であるという。道は仮名な一つ理が道、理が神である。これまで毎夜毎夜諭して、刻限同様として数知れん程諭したる。なれど、道はこれまで/\成ったら大丈夫という。これ思て居るからどうもならん。そこで、あちら濁りこちら濁り差すと言うてはならん。真に思わにゃならん。よう聞き分け。順序道諭す。世界いろ/\心変わりて/\も、もうこれ神の理一つ。たゞ一言話し、又刻限一つ角目角目、角目取り繕うてすれば真の道と言わにゃならん。よう聞き分け。たゞ真の道ほっとしてはならん。そこで、夢に知らす/\。これ皆々心得にゃならん。あちらにも反対、こちらにも反対。反対の中に理あったらどうするか。反対の理立ったらどうするか。これまで刻限諭したる。うっかりして居てはならん/\。よう聞き分け。一時抑える/\。どういう理用いるな/\。心には早くと思う処、これ年限歳遅れる程ほどき難くい。ほどき難くいようなってはならん/\。先にほどかにゃならん。よう聞き分け。先の方であら山子や/\。仕舞になればよいと言うて居ても、教祖の理これ頼りと言うて行けば、道やないとは言えまい。これ聞き分け。こういう目論見々々々、角目々々が道である。この言葉は容易ならん諭、これ、皆んな聞き分けて諭さにゃならん。うっかりして居ては、心苦しまにゃならん。中に角目聞き分け。めん/\さえよければよいと言うてはならん。道はどうでも通さにゃならん。立てにゃならん。よう聞き分けて、余の/\事外々の事は、ほんに飾り/\という。真の心無けにゃならん。世界の道理は飾りと立てにゃならん。よう聞き分け。難しい/\。楽の中に難しい理あるという。ほどき難くい/\。心合わせてくれにゃならんと。行く所へ出る、どういう所へ出るが道か、道やないか。聞き分けにゃならん。成程教祖説いたる。説くは立てにゃならん。この理は潰さらせん。そこで、今の者皆々心合わせてくれにゃならん。先々注意々々と言うたる処が、筆に誌したる。筆に付けたる。そこで、どんな火の中でも飛び込み、どんな刃の中でもと言うたる。たゞ道分かり有って分かり無い。そこで、皆んな惣々中に沢山なもの戴いた処が、心に掛かるような事出け、楽しみではあろうまい。気に掛かる。こんな事では行くものか。早く/\一時防ぐ/\、早く踏み止める/\。踏み止める理諭し難くいなれど、一っち最初掛かり、これ正せば、相手して、あかいでも掛かり、だん/\先先諭す。諭しから世界成ったもの。この理忘れて了うような事ではならん。理は理や。元救けて貰う。救けて貰たは、何処からどうした理か、何処からこうした理か。この理分かりたら元々立てゝ来にゃならん。心すっきりと言うて了うた者は、こらどうもならん。どうでもこうでも、道やなけにゃならん。いかんと定めたら、堅いものやで。強いものやで。又どういう事出けまいとも知れん。よう聞き分け。これ皆々諭す。今の尋ねる処あちらへという、これは早く行って来るがよい。心だんだん改めて、どんな事も聞いた事言うのや。よう聞き分け。用いってはならん。心迫る。皆んな聞きて惣々出たるもの。よう聞き分け。救けて貰た者捨て置いて、横合いというは、道とは言えん。これだけ諭したら、道の角目、これに止まって居る。




明治三十三年十一月二十六日
 増井りん五十八才身上のぼせに付願
さあ/\尋ねる事情/\、いかな身上一つから尋ねにゃなろまい。皆一つ事情年限数えば幾年なる。さあ今や今日になりた事情であろうまい。古い事情諭そ。存命より皆満足与える/\。身上から尋ねにゃなろうまい/\。存命満足与える/\。あれ女というだけで、皆惣々で分からん。今日まで遅れある。存命の間に楽しまし、満足与えどういう事であろ。皆ほのかに聞いて居る/\。皆承知分からん。人間勝手で出けんやない。教祖入り込んで天より諭し置いたる道、その教祖言葉下だしてある処埋もれたる。そこで一つ道理順々あれど遅れたる。この道は皆身上から随き来る。身上でなくして随いた者は、ほんの一花のようなもの。前々からいかな処も聞き分けて諭してくれ。皆教祖存命の間の言葉一つ万刧末代の理、この言葉長くこの順序諭し置こう。よう聞き分け。女という中に何を下だしたという理は、数々あらせん。教祖存命で下だした理というものは、学者智者から出けた理やない/\。言葉一つ理は何ぼのこうのうとも限り無い。うっかり思ては何処にどういう事こういう事あるとも分からん。存命聞かしてある処、満足与えば今日の日身上から尋ね出る。満足与えにゃならん。身上そこえ/\なったら、又尋ねて出よ。席変わりて知らす。身上案じてはならん。満足さゝにゃならん。今日は十分行こまい。今日という日あるによって、十分満足与える程に。




明治三十三年十一月三十日(陰暦十月九日)
 増井りん二十六日に身上御願い申し、そのおさしづに速やかなったら改めて尋ね出よ、との事でおたすけあり、今日改めて願
さあ/\尋ねる事情/\、事情一つ身上から事情尋ねる。尋ねるから改め掛けたる一つ理、一日の日席変えて一つ事情、一時事情は席退いて赤衣着せて一つ事情々々。

 本席赤衣御召し下されて改めて願
あゝやれ/\/\、ウヽヽヽヽヽヽヽヽ
さあ/\あヽヽヽヽヽ長い/\長いなあ、長い間であったなあ。ウヽヽヽヽヽさあさあこれより/\よう/\/\日を待ち兼ねた/\/\。まあ/\/\これ遠い所から山坂越えて、何でもないような処へ、ほのか話聞いてほのか理、何も分からなんだなあ。これまでの処、存命の間何かの処語り合うて話し合うた時という。その時/\忘れんため、こう/\どう/\皆授けてあるのやなあ。まあ針の芯と言うて授けたるのやなあ。なれど、埋もれたるも同じ事/\。なれど、時来たら、十分改めて/\、今日一日の日改めて、十分筆に留めて成程これでなけねばなあと言う。女であれど第一、第一等やでなあ、と心改め、針の芯と守り預けたる。なれど、皆の心でする。どうもならん。なれど、時という旬という、日々の針の芯、守り/\。幾つ何ぼうするとも九つ印だけ打ってくれ/\。数九つ印針止め。聞いて居る/\。何やら分からんとすると理外れると。何のこうのうも無いようなったらどうもならん。皆針止めまで書き取ってある/\。幾つすれど九つ理、さあ/\息を授け置く/\/\。ほうい/\さあ/\呑み込め/\。移すぞ/\。多くなれば忙わしいなる。息は数無い。暇引け暇引けるも、日が詰んで/\詰み切ったる。自由さづけ、そこで時々構わん。こちら常詰定めたる。あちらこちら第一と言うても、一つ理である/\。順序何か一つ治まり授け置こう。

 押して、九つという処日々の処でありますや
さあ/\又一つ理を話したら、又どうであろと心沸く/\。そこで九つというは幾つ何ぼうすると、切れたら早く理。これだけと思う中九つ/\中に九つすればよい。

 お息の処どういう事でありますか願
さあ/\これも又一時に話出けん。席続けてでは、だん/\年も取れば、身というは日々の処精一杯という。一寸という又々伝える。これまで仮と言うて運んだる。一寸暫くというは、日柄と言うて改めたら、今日のさしづとして置こう。




明治三十三年十二月一日(陰暦十月十日)
 増井りん昨日御息おさづけ下されました処、高井猶吉、梅谷四郎兵衞のようなと同じ事でありますや願
さあ/\尋ねる処/\、尋ねるには皆それ/\心あってどうやこうや分からん。治まり着かんから、尋ねる/\。いきと言うて授け置いたる。それにどうこれにこうという事は無い。救けるに皆先雛形がある。この理心に授けたる。守り/\という、たゞこれまでどうもならん。人間心以て勝手でしてる。勝手でする事いかん。そこで、理というもの授けある。埋もれてある、よう聞き分けにゃならん。年限長い間さしづある。知ってる者あったて、言わんから、後々分からん。聞かん者は分からん。そこで日柄さしづという。数九つという中に一つ針止めと言う。幾つ何ぼうと言う。もう無くなった。今日一日改めてこうしてどうしてと、宵からちゃんとして守らにゃならん。第一たすけ一条に世界並同様ではならん。わしもしょう、誰もせい。そんな事ではどうもならん。しっかり改め、鮮やかせにゃならん。何か改めせにゃならん/\。

 増井りんのこれまでのおさづけ当分という事でありましたから、これまでのおさづけは取り消しのようで御座りますか
さあ/\当分というは当分、日柄来んからどうもならん。そこで、当分という。しっかり一つに、こう言うたら、明らかよう聞き分けにゃならん。皆んな中に遅れたる。十分遅れたる。女というだけで同じよう思て居た。よう諭す。何年あと本部員という理に改めたる。一二三改めて、教祖順序だん/\諭したる事ある。なれど、どうもならん。女と言うて埋ってあった。教祖存命と言うて改めた事情、しっかりしんばしらに言い付け。




明治三十三年十二月一日
 敷島分教会所教務所教祖外九棟の建物並びに塀石垣致し度く、尚御許しの屋敷内へ引き移り願
さあ/\尋ねる事情/\、尋ねる事情は皆それ/\の皆んな心を以て理を集まりた理という。皆それ/\心順序に委せ置こうぞ。さあ/\許し置こう/\。

 何日と日限定まりませんから日取の処万事御許し下され度く願
さあ/\尋ねる事情/\、事情は皆それ/\にあれこれに決まりた事あるまい/\。だん/\の理それ/\心、勇む心に委せ置こう/\/\。




明治三十三年十二月二日
 本部事務の処、陽暦十二月二十六日より翌年一月十日まで休み、それより陰暦十二月二十日まで事務運びまして、同二十一日より陰暦正月九日まで休みまして、本部節会終り次第続きて陰暦正月十日より事務始める事に致せば、遠国の信徒も節会に参拝致しまして満足致しますと心得ますから、右の事に御許し下されますや願
さあ/\尋ねる事情/\、さあ/\まあ一日の日柄休む、又休む、と皆言うて居る。まあ一日なりと運ばるだけは運ばにゃならん/\。いつからいつまで年々通り休む処休まにゃならん。なれど、余分の休みは要らん。願わくば世界にあろう。一日の日なりと抜かずして運んでやってくれ。遠く所それより楽しみは無い。休む処これだけ/\、と今一時尋ねる処、二度々々中に三十日々々々も休んだらどうもならん。休み少ないのが望む/\。




明治三十三年十二月四日(陰暦十月十三日)
 増井りん御守り拵える時に九つという処は、以前千人を一勤と聞かして貰て居りますがそこで千の内で九つでありますか、又は夏冬共御召し下されて御下げ頂きます数その中で九つでありまするか、この処願
さあ/\尋ねにゃならん/\。尋ねにゃならんというはどういうものなら、分からず/\ではどうもならん。存命皆んなの中一つ、何から何まで/\芯と言うて順序授け置いたる/\。皆人間心でどうもならん。人間心で通りて来た。そこでどうでもこうでも、道大きく成る程、道改めにゃならん。改めにゃならんから、順序諭し掛けた。数々なか/\沢山あれど、出して了たら無くなる/\。どれも同じ事、幾つ千ずつ繋いでするも、又夏物冬物と言うてするも同じ事。守り/\は同じ理。そこで九つ一つどうでもこうでも立てにゃならん。守り幾つ何ぼうの中、どうでもこうでも九つという理を留めにゃならん。

 四名の老女方手伝いして居る処は、これまで通りで宜しう御座りますや
さあ/\何か尋ねにゃならん。一つ/\さしづすれど、さしづまでのもの。なれど、これから尋ねる。尋ねば守るはさしづ。さしづは教祖存命同じ事、守り九つ治め、後々手空きの者、女という誰彼は無い。ぜん/\忙わしなる時、後々の者出けんと言うてはならんで。手空きの者は皆せにゃならん。女このやしきへ入り込んでる者、手伝わす/\。遊んでる手は要らん。だん/\世界広くなれば、ぢばにも広くなる広くなる。理を治め。又そんならと言うて誰彼と言うた処が、庭掃いてる者も、又農行きという、こらいかん。それはそれで用がある。皆だん/\運んだる者引き寄せたる。又、ようせん者にせいと言うた処が、そら無理というようなもの。これだけ諭したら分かる。

 着物拵えさして貰います時にも、一針なりとさして貰います事でありますや
さあ/\それはもう脱ぎ更えの時、これまでの処ほどいて了て守りと言う。一つ赤衣と言うて、心あって供える者もある/\。又中にも内々せにゃならん。その時針の芯と言うてあれば、一針なりと掛けにゃならん。さあ/\ちゃんと三方の中へ供え、又ほどく時幾つ何ぼう、長き数何ぼう、これはこれだけはっちゃ出けんと、ちゃんと積もり上げて、針の芯というは、何から何まで心得くれにゃならん。

 御息のおさづけの時、おさしづの中に一二三という処はどういう事でありますや押して願
さあ/\悟りが付かにゃ諭そ。本部員々々々という中に、一二三どういう事と言うたる。この理聞き分け。一二三という。だん/\区域あって言うように思う。一二三というは、中に、中々一二三争うた人である。何も区域無きもの。この理悟れ。悟り違ては大い間違いあるものである。分かったか/\。分からにゃ尋ね/\。

 御諭しの事話してる処へ
未だ違う。間違う。何が何役という名は無い/\。勝手に付けたもの。このぢばへ尽した運んだ者引き出して居る中、高い低いは無い。一列隔て無いは、教祖の道と言う。高い低いの隔て無いは、教祖の道と言う。これで分かったやろ。

 りん以前教祖より赤衣頂き御座りますのをおたすけの時着ます事でありますか
さあ/\これも尋ねにゃ分からん。皆赤衣下げたと言う。真実と実と言う/\。もう切ない中と言えば、もう一つのさづけ、いつというその理は赤衣召し、心にちゃんと肌に付けて、これはそれ/\型もある/\。

 大層悩みの時着けさして貰いますと願
さあ/\もうこれ成らんという時、そんなら何処彼処無しという事出けん。又遠く中とも言う。それ/\中どうもなあという事あったら、肌に付けて早々運んでやらにゃならん。




明治三十三年十二月四日
 藤橋光治良三男光信一才身上願
さあ/\尋ねる事情/\、さあ事情、小人にどうも身の処心得ん処尋ねる。尋ねるから順序諭す。小人何故と言う。どういう事と言う。一つ楽しみの際、こういう事と思うなれど、一つ諭すによって、心しっかり定めてくれ。こうして今までという理分かる/\。まあ/\楽しみ中、こんな事と思う。そら思うやない。小人障る障る。第一これまでどんな事も聞いて居る。いかな大難も小難という。よう聞き分けくれ。理を案じてはなろまい/\。どうこうなったら子供はほんに可愛いなあ、可愛いなあ、親々親は子は可愛いなあ、治まったら世界の子可愛いなあと、この心定めてくれ。これだけ一寸話して置こう。




明治三十三年十二月七日
 梶本楢治郎以前の事情申し上げ、宮田善蔵の娘カナ二十才縁談事情願
さあ/\尋ねる事情/\、事情もだん/\あって、一時尋ねる。事情という、だんだん長らく道すがらという。道理一つ理、余儀無く尋ねる処、余儀無く理は取り入って事情運んでくれてもよいが、又掛かり合いというは、又いかないんねんという。この理聞き分け。それより精神。精神の理より受け取る処無いで。よく聞き分け。何年以前あと、世界から見たら十分と思うた理であった。なれど、どうもならん。人に楽しみ、楽しみあって銘々この世の住家という。楽しみ無くば行こまい。無理出けん。無理して一つの理は行こまい。無理して立つか立たんか。人に無理は立てようと言うた処が、どうもならん。又何年以前、何年間互い行き違って、年限経ったる。年限のこうのうという理無くして、集まれそうな事は無い。これ一つよう聞き分け/\。どうでもこうでもと思うたて、こうのう無くして治まるか、治まらんか。皆一名一人思案してみるがよい。人々の心で、順序道すがら、日々行いを第一。行い無くして、こうのう無くして、いつまで待ったてこうのうあらせん。これを一つ台として、年限二年三年ほんの生まれ更わり、互いなあと年々内々通り抜けたら、こうのうと言う。一夜の間にも入れ替え、入れ替えしたら受け取る、と話の理も諭したる。これ知らずして、通りてはどうもならん。口でどのような事唱えたとて、心に行い無くして神が受け取り出けん。これ聞き分け。尋ねる理、又捨てたもの、引き上げる者も無くばならん/\。人間一代作り上げるという処から、掛かってくれるがよい。

 押して、それでは両方へ運びまして、分教会にて治めさして頂き度しと願
さあ/\尋ねる処/\、それもよいが、皆よう聞き分けにゃならん。人の義理に詰まって、こうとあってはならん。先々という心持ってしてはならん。いんねんの為す事、いんねん無くば通られやせん。神の話聞いて、親の理なら精神真実心という。常々なら真に聞き分け。いんねんという。一つ理聞き分けにゃならん。又々親こうと言えど、又人と言う。どうなってもこうなってもと言う。一つ堅くば夫婦中と言う。この理聞き分け。無理と言うてはならん。無理無くそれから結び、結構と言うて通り抜けるは、真実真の道/\。これだけ話して置くによって、真にこれならという、人に勧めらるさかいにと言うてする事はよいと思えども、いかんなあと思てはいかん。これだけ諭したら、縁談は尋ねる事要らんもの。神に理に治まったら、縁談尋ねる事も無い。捨てたもの引き上げて、作り上げるという心持ってくれにゃならん。

 又押して、先方の方へ精神を尋ね双方治まったら御許し下されますや
さあ/\先方の方へ、順々道理運び、又先の心一時心にて義理という理は、後のためにならん。義理は後のためにならん。そこで寄る夫婦の中、親こうと言えど、いかん縁談もある。親こうと思えども、子に縁談事情あるで。これだけ諭したら十分という。

 又押して、親より本人なり治まったら運ばして貰うたら宜し御座りますや願
さあ/\皆尋ねるから諭したる。諭しは間違わんよう。親一つ理、義理は先のためにならん。一寸話今義理という。これは一人やない/\。人の義理掛け、縁談に義理掛けてはならん。それはほんの一寸の飾りのようなもの。そこで縁談というは、真の心に結ぶは縁談。又離れ/\寄りてはならん。人間には心という理がある。心合わねば、どうでもこうでもそも/\理。これだけ諭したら、どんな理も分かる。




明治三十三年十二月九日
 山名部内大東出張所移転並びに担任小倉みよに変更願
さあ/\尋ねる事情/\、尋ねる事情には前々に事情一つ、又一時事情以て事情こうと尋ねる。尋ねるには、皆それ/\という理を集まりて、これで治まりという。又思う。尋ねる事情は願通り/\、さあ/\許し置こう/\。
さあ/\他人事情これよりという前々事情、他人余儀無く事情、これより他人改めて事情、一つ精神一つ理、さあ許し置こう/\。




明治三十三年十二月十二日
 辻忠作六十五才身上願
さあ/\尋ねる事情/\、身上が一つ事情に一時心得んという、一つ事情尋ねる。尋ねるには皆めん/\の心という、よう思やん取り替えにゃならん。若き者から、どうしょうこうしょうと諭した処が、若き分かろまい。めん/\心という理を取り直して、順序という。長い間/\聞き分け。いつまでめん/\こうと言えど若きあろ。若き理であろ。この理諭し難くい。若い処言うた処が追わん、そこで日々順序取り合うて居る者で改めて、急いで運んでやるがよい。よう思やんして、身上適わんから取りよあろまい。一時どうとは無い。なれど、一寸行かん/\。よう聞き分け/\。そこでめん/\こうと改めて、さあ若き者/\と言う。日々身上不足無しに働かして貰うが楽しみと、この理治まったら治まる。この順序諭し置こう。

 医者の処願
さあ/\尋ねる処/\、さあ/\皆んなこれ皆んな一つ心なら、どんな事も鮮やか。なれど、どうもならん。世上すうきり分からん。そこで、明らか道と言うなら、医師の道を見にゃならん/\。一寸順序急いで運んで置くがよい。



明治三十三年十二月十三日
 松尾与蔵小人きぬゑ腹痛に付願
さあ/\尋ねる事情/\、さあ子供一ついかな事であろうと思う。どういう違いでこうなると思う。何も違いあるまい。道の上からだん/\不自由、一時道を通り重重運んで居るは、日々受け取ってある。どういう事で違うと思う。小人与えたる一つの理、思うやないで。古き台を続いて一つ運んで居る。思うやない。一つの理集まる。家内どういう難、こういう難、何も思うやない。大層やで。どんな理があろうが、こんな理があろうが、染まらぬよう。中に精神一つの理である。内々にも思わく話し、たゞ一つ道盛ん思う中に、こんな事と思うやない。大難小難一時どうと思わんよう。どうなるもこうなるも、道を運ぶ心は受け取ってある程に/\。




明治三十三年十二月十五日
 春野喜市長男貞造身上願
さあ/\尋ねる事情/\、さあ小児事情いかな事情と思う処、小児には何の事情の事情有る無いは言うまで。分かりある。親々事情親々という。又それ/\という。難無くば何にも言う事無い。なれど、小児たる処日々の理であろう。小児心得んなあと、何がどうと思う尋ねる。尋ねば一つ諭し置こう。小児々々これまで話し/\、又諭しの中に籠もりある。身上の処こうなればどうと思う。何も案じる事要らん。案じてはならん。道というは、どうという長い心ではいかん/\。よう一つ万事の処に心得無くばならん。所々ほっと思う処/\、知らん処まで何か理あるか。若き事情、歩く処所々国々それ/\通りたる。元々より万事分かりある/\。一時という事あろうまい。先々所々理、めん/\もこれ一つだん/\古き理から聞き分け。一時の理は無き程に。よう聞き分け。長いが楽しみやで/\。何も無く心に屈託無く、長いが心に楽しみという。そこで早く/\諭したら、鮮やか理聞き分け。さあさあ案じる事要らん。何も案じる事要らんで。




明治三十三年十二月十八日
 河原町部内水口支教会分教会に引き直し致し本部直轄に取り扱い願い度しと、双方示談相済みの上願
さあ/\尋ねる事情/\、さあいかな事情も尋ねる/\。尋ねにゃならん。尋ねる一つ理というものは、それ/\心というもの寄った理/\も例に、そんならなあよしや/\と、互い頼もしい心というは末代の理。真の心の勇む理に、何か事情は許し置こう/\、許し置こう。




明治三十三年十二月二十二日
 河原町分教会長深谷徳次郎又小人景三身上願
さあ/\尋ねる事情/\、さあ内々にさあ/\あちらこちらどういう事であろ、いかな事であろ思う処、どういう事こういう事、万事の処長らえて間という、年限の内という/\、年限の内には思い出してみれば心にある。通りた事知らんという事、そらない。時旬々深き楽しみ、楽しみ道というものは、理という。理から立ぁた道、理から立ぁた道なら、元々ある。そういう道理諭した処が、とんと分かろまい。身上どういう事と思う。思うやない。多く中と言う。理がある。理がありて出け立つ。時々旬という、楽しみ中という、楽しみ中に、身上が不足なれば、楽しみあろまい/\。いかな理聞き取れ。又側の中、どうこう詰めてる中聞き分け、成る/\成るも道成らんも道、成らんの時見れば、成る楽しみ見れば役員も一つ理と言う。この一つ理聞き分け。又後々言わず語らず一つ理、どうしょうこうしょう言うても、成らん。又じいくりしても、種あれば生える。この理聞いて楽しみ治め。よう聞き分け。身上どうなるこうなる。めん/\は一代、名は末代。理立てば楽しみ/\。この一つ理皆んな中へ惣々中へ治めてくれるよう。一時案じる事要らん。さあ/\もう一声々々、よう聞き分けにゃならんで。十分と思えば、十分の道というは、それは重畳と言う。成るよう楽しみ勤めば、先は言うまで。一時どうこう仕切りた事要らん/\。身の処へ成りてみよ。心得まで諭そ。どうでもこうでも心から出ける。心さい治めば十分。成らん時を思い出せばたんのう/\。先は神が引き受けて居る。案じる事要らん/\。よう聞き分け。難儀さそう不自由さそうは無い。どうせえこうせえあろまい。よう聞き分け。どんな事も勇んでくれるよう/\。先々どうとは要らん。何も紋型無い時の事治め。苦労は楽しみの種。どうでもこうでも楽しみ働けば、これ種と成る。よう聞き分け。

 押して、水口の事情申し上げ尚甲賀の方運ぶ事でありますか
さあ/\尋ねる/\。尋ねば、旬という、時旬という、急いだ処が成るものやない。旬という、時という、独り出けて来るは旬と言う。この心治め。どちらこう、こちらこう、仕切りた事要らん。時旬という、この心で居るがよい。




明治三十三年十二月三十一日
 山田清治郎身上願
さあ/\尋ねる事情/\、さあ/\尋ねる処は、余儀無く尋ねるであろ。まあ一つどういう事にも何よの事もどういうもので、こういう事になると思う。思うやない。どんな事も、こんな事も、世上にも同じ事、中に一つ、まあ危ない処も遁れるは、年々の道理で遁れる。どけな辺所な所、もう危ない所でも、残りて来るは頼りた理である。又、わき/\の処、内々何故であろうと思う。思うやない。必ず思うやない。どんな難しい中でも、抜けて救かる処、聞き分けにゃならん。何でこういう事になると必ず思わず、よう聞き分け。道というは、世上は同じ一つ通りて居る。頼りありても分からん。こんな事と思う。思うやない/\。どんな事あろうが、この心理に皆一つの理なら、明らかなる処に成る程に。案じな/\。安心して居よ/\。どんな事あろうが、こんな事あろうが、道の上ならどんな事あろうが、理が残る。末代の理、この理聞き分け。一代と思たら長いようで短い。短いようで長い。この道の一つの理、なか/\艱難通らして暮れた者もある。これも名残れば末代の理。あちらの書物、こちらの書物に届く理残る。留まる理治まったる。こんな事と思うやない。これだけ、丈夫な心持ってくれるがよい。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 天理教へ
にほんブログ村

posted by 朱夏 at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | おさしづ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック