2010年09月02日

稿本天理教教祖伝逸話篇(こうほんてんりきょうきょうそでんいつわへん)

稿本天理教教祖伝逸話篇(こうほんてんりきょうきょうそでんいつわへん) とは?


稿本天理教教祖伝逸話篇 (1976年)

昭和51年(1976年)刊行。
立教当時の信者たちを教え導かれた、教祖(おやさま)の親心あふれるお姿をほうふつとさせる二百編の逸話を収録したものです。

天理教入信後、信仰を深める場合はもちろん、入信初期の方や、天理教をほとんど知らない方にも、分かりやすく、かつ深みのあるお話ばかりが収録されています。
ある先生によると、未信者の方に、天理教のお話であることは伏せて、「昔話」としてお話されても、感動されることが多いとのことです。

今後、稿本天理教教祖伝逸話篇の二百編のお話を紹介し、一つ一つについて、今現在できる、自分なりの「さとり」をまとめていきたいと思います。
若輩者ですので、深い「さとり」はできないかと思いますが、お付き合い下さい。また、お気づきの点などございましたら、コメントにてご指導下さいますよう、お願い致します。


<blog内関連記事>
天理教勉強blog: 天理教用語解説「道すがら」
天理教勉強blog: 天理教用語解説「さとし・さとり」
posted by 朱夏 at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック