2010年08月30日

天理教用語解説「をびや許し(帯屋許し)」

天理教用語解説:をびや許し(帯屋許し)

「をびや許し(帯屋許し)」は、「よろづたすけ」の道あけとなったものです。
「をびや許し(帯屋許し)」とは、出産に関するたすけです。
この「をびや許し(帯屋許し)」は、親神様が「おぢば」において人間を宿し込み下された、その理をもって、人間出産の時の特別なご守護を下されるというものです。

この道の最初は、多くの人が、産後の患いをたすけて頂いて入信されました。
これらのことから、当時の人々は、天理教の神様は「お産の神様」であるとまで言っていました。

この道は、「証拠ためし」の道と言い、何でも目の当たりにたすけの証拠を見せて、納得づくめの上で導いていかれます。
「をびや許し(帯屋許し)」においても同じく、「をびやためし」と言って、まず教祖(おやさま)ご自身の場合、次に三女おはる様の場合というように、身内からそのためしをかけられました。

「をびや許し(帯屋許し)」は、懐妊後六か月となったら、どんな人でも、「おぢば」に願い出ると頂けます。
この時、「御供(ごく)」を三包みお下げ下さいます。
一包みは頂いて家に帰ったら、すぐに頂きます。
次の一包みは、産気づいた時に頂きます。
最後の一包みは、出産後の片づけが済んだ時に頂きます。




<blog内関連記事>
よろづたすけ -天理教勉強blog内検索
天理教勉強blog: 天理教用語解説「しようこだめし(証拠試し)」
天理教勉強blog: 天理教用語「ごく(御供)」
天理教勉強blog: 天理教用語解説「ぢば(地場)」
天理教勉強blog: みかぐらうた解釈9 五下り目。
posted by 朱夏 at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 天理教用語解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック